マドレーヌが歩けば…棒に当たりまくり海外散歩>ポーランド > 不思議ダンジョンありマス マルボルク 2005/8/23

2005年12月19日

不思議ダンジョンありマス マルボルク 2005/8/23

グダンスクからワルシャワ方面へ列車で1時間弱。列車がスピードを落として橋を渡ると、右側に赤レンガの城が見えてきた。

マルボルグ駅を出ると、あれだけ大きかった城は幻と化していた。ゲゲッ、城はどっちだ?
某ガイドブックには地図が載ってなかったので、当てずっぽに右へ行ってみる。
大通りに出ると、店が建ち並ぶ通りが現れ、ちょっと栄えてきた。多分この道を行けば城までたどり着けるに違いない!とばかりに直進。

当たった。
二股になっている所に、「城はこちら」といった看板があった。

みやげ屋を装った観光案内所があったので、現地の地図をゲット。これで安心して歩き回れる。

malbork_castle入場料は35ズローチ。1ズローチ=40円と多めに換算すると1400円!看板を見るとここもロシア風にガイジン料金を設定しているみたい。

ガイド付きって書いてあるけど、興味のない説明を聞いても疲れるだけなので、勝手に見やがれということで。城内は琥珀コレクション、中世の鎧、兜などの武具コレクション、当時の町の暮らしコレクションなどなど。サックリ見たつもりなのに2時間もかかってしまった。

上のフロアの片隅で、ドアの前に係の女性が立っている一角があった。脇のチケット売り場で買ったチケットを見せたお兄さんが、ドアの向こうへ消えていってしまった。

何だろう!?

malbork_stairs私も6ズローチ払って、後を追ってみた。
木のドアがギギーッと開くと、人がすれ違えないくらい狭い階段が伸びている。係のお姉さんがドアを閉めると、中は真っ暗。暗いよ〜!狭いよ〜!怖いよ〜!

階段を上り終えると次は細い通路。剣が横から刺さってきたら、もう終わりな雰囲気。通路を抜けると再び階段が続く。
スライムナイトが出てきそうな中、ひたすら上を目指す。行けども行けども階段は終わらない。ようやくベンチが現れても、ジャガイモボディのおばちゃん達が占領していて休めないし。

malbork_topofthecastleそんなこんなで塔のてっぺんに着くと、疲れは一気に吹き飛んだ。
さっき通った橋や川、城の中庭を一望にでき、まさに高みの見物。ボスキャラを倒したかのような達成感を味わうことができました。
posted by マドレーヌ at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外散歩>ポーランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。