マドレーヌが歩けば…棒に当たりまくり散歩>千葉 > きたならしくない 船橋日大前〜北習志野

2005年11月15日

きたならしくない 船橋日大前〜北習志野

nichinara_ichou.jpg色彩検定が終われば、あとはうろつくだけ。
この日ばかりはインチキ理工系大学生を気取ってキャンパス内を闊歩。ほとんどの受験生が船橋日大前駅に流れる中、西を目指して歩くことに。

大学内にイチョウ並木があるのは全国的なのかしら。ここもいい感じに黄色く染まってます。そしてこのキャンパスと切り離せないのが、鳥人間コンテスト。こういう環境下で毎年学生さん達ががんばってるのねえ。
近くには落下傘部隊が訓練する習志野駐屯地もあるし、空との関係が深いエリアのようで。

門を出て団地が建ち並ぶ方へ歩く。天気の良い日曜の昼だけあって、ふとんや洗濯物が軒を連ねてのどかな光景。
でもここの団地、エレベーターなしの5階建てなのがすごい。若い時はいいけど、歳を取ったら出不精まっしぐらになりそう。

kitanarashino北習志野というと、どうしても「(広島風に)汚らしいのう」と言いたくなるのはお約束。
村上春樹がその昔住んでたのも北習志野。女子供しかいなくなる日中に若い男性がうろうろするのは気が引ける、といったことをエッセイに書いていたのが妙に印象に残っている。男性もジェンダーがあるよなあと思ったものさ。

ハルキさんはこういう所に住んでたのか〜、とオバチャンモードで散策。
北習志野駅に近づくにつれ、行列ができつつある和菓子屋やおばちゃんでごった返すパン屋など、賑やかなやり取りが繰り広げられていた。ニューヨーク名物、自由の女神が鎮座しているのはどう見ても場違い。

商店街が賑わっている地域は住民にも活気がある気がするよ。
posted by マドレーヌ at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>千葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。