2005年11月11日

癒しのロシア語 2005/8/22

kalinin_lenin飛び地で電話攻撃のつづき

結局カリーニングラードは日帰りなので、サクッと教会だけ見に行くことにした。

駅構内で荷物を預け、身軽になって散策開始。
お立ち台でご健在のレーニン像を尻目に、駅前の通りを直進。並木道をダラダラ歩くと五差路が現れ、トラム沿いにさらに歩くと橋が見えてきた。軍艦と潜水艦が停泊しているのを見て、ようやく軍港へ来た実感が沸いてきた。確かソ連時代はこの町を観光することはNGだったと思う。

橋の途中で階段を降り、中州みたいになっている所に建っている大聖堂へ。
殺伐とした建物が多いなか、どっしりとした歴史ある風格に吸い込まれ…入場料の看板を見て、おや?ロシアお約束のガイジン料金になってました。

kalinin_churchちなみに
大人     30ルーブル(約120円)
学生     15ルーブル(約60円)
外国人観光客 70ルーブル(約280円)
外国人学生  35ルーブル(約140円)
カメラ・ビデオ撮影 20ルーブル(約80円)

と書いてあります。
ガイジン=金を持ってる→高く吹っかけようという図式が今も続いているとは。ま、それでも安いからいいけど。戦後の日本はガイジン料金を設定して入場料を巻き上げていただろうか…いや、それはないだろう(多分)。客に気持ちよく金を出させるという観光の概念がまだまだだなあ。

kalinin_stainedglass気を取り直して中へ。カラフルなステンドグラスが印象的。
そして上のフロアはカント博物館になっていて、日本語の書籍やカント没後200年に寄せた書(書き初めみたいなやつ)もありました。そう、ここは昔ケーニヒスベルグと呼ばれ、哲学者カントが過ごした地。難しいことはよくわからんが。
教会の裏には彼のお墓と、彼が教鞭を取ったケーニヒスベルグ大学の創立者の像があります。

1階にはなぜか正教の教会があって、突如ロシアワールドに。教会に関する書籍や絵はがきなどのみやげもここで売っている。
そこのおばさんのロシア語の響きが穏やかで、とてもきれい。駅構内で立ち寄った教会グッズ売店のおばちゃんもそうだったけど、宗教関係者の語りはみなさんマッタリしてるのかしら。聞き惚れた挙げ句、気がつくと教会の写真集を買い、祭壇にろうそくをお供えしていました。

こんな調子だと、街角で穏やかに話しかけられるたびに壷とか買っちゃいそうだなあ。

ロシアからポーランドへ(1)につづく
posted by マドレーヌ at 07:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外散歩>ロシア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。