2005年11月10日

飛び地で電話攻撃 2005/8/22

kalinin_stationドキドキロシア入国のつづき

ホテルに予約メールを入れたけど、返信を確認しないままロシア入り。かなりナメてた。

地図もなく右も左もわからないので、取りあえず100ルーブルぶっ放して川向こうのカリーニングラードホテルへ。

フロントに行ったら、バスで一緒だったフランス人カップルと再会。彼らは事前に予約していたようでスマートチェックイン。だけど私は…メールの返信がなければ予約が取れてないってことだから、あなたの部屋はないと言い放つ。さらにショボイ服装の私を一瞥するなり「3000ルーブルの部屋ならありますが?」と言いやがる。

ロシアで1泊1万2000円かよ!こちとらお断りだい!と(心の中で)息巻いてホテルを出た。

仕方ない。今度は電話攻撃だ。
電話電話…受話器を取って番号を押せば市内無料!という、壊れてるんだかサービスいいんだかわからない微妙な電話は姿を消したようで、どれもこれもカード式。

kalinin_phonecards.jpgまずはキオスクでカードを調達。
サクッと買えるかと思いきや、おばちゃんは「どのカード?」と言い出す。どのカードって言われてもなあ。一番安いやつ、と答えてもさらに「だからー、どのカード?」と食い下がる。よくわからないのでどれでもいいっす、と言ったらようやく出てきた。
電話会社によってカードが違うことを後で知りました…。

ネットのin your pocketでメモした番号を片っ端からかける。ところがかけてもかけても「使われてません」のアナウンスばかり。カリーニングラードの電話は00−00−00と6ケタなのに、in your pocketの番号は桁数多すぎだと後日判明。

当時はわからず電話が悪いのだと思い、改めて別会社のカードを買ったものの結果は同じ。ダメもとで同じくin your pocketのサイトからメモしたグダンスクの宿へ電話して、ようやく今夜の寝床を確保できました。

やっぱりロシアをなめたらいかんぜよ。

つづく
posted by マドレーヌ at 01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外散歩>ロシア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8905283
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。