2005年10月26日

三岳

mitake.jpg去年屋久島で買ったワンカップ焼酎が1個残っていた。

東京はおろか、鹿児島市内ですら見ることが稀な「三岳」。屋久島のデフォルトは取りあえずビールも何も、これ。あとはどうやって割るかとその配合が人それぞれ微妙に異なり、二つとして同じ仕上がりにならない。

トビウオの刺身とカメノテを肴に飲んで以来、芋焼酎の魅力に取り憑かれたきっかけの一本。

ロックでグビリ。

うひょ〜!ふかし芋を食べているようなホクホクした匂いを久々に嗅いだワ。
飲み始めはアルコールがちときついけど(ロックだからね)、氷となじむにつれ「飲むお芋」になるまろやかな瞬間があるのよねえ。絶妙な一瞬を逃さないようにチビチビ飲むといった感じ。

あいにくスルメしかなくて、しかも電子レンジでやっちゃったからせんべいみたいにカリカリに。それもそれでおいしいけどさ。
posted by マドレーヌ at 01:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物>酒とつまみ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。