2005年10月11日

砂漠のような東京へ

京都から帰って参りました。

「だのに」じゃなくて「なのに」だったんですね、チェリッシュの歌は。
初めて「なのにあなたは京都へ行くの」を聞いてみたら、あなたは私よりも京都を選ぶのねっ!そんなに京都の方がいいのねっ!といった内容に驚いちまいました。

…そうですね。

久しぶりに行ってみて、京都を選ぶ男の気持ちはよくわかります。京都は時間が止まってるようで止まってない、むしろ止まってるのは女の方かも。行くたびに新たな発見があるんでしょう。

と言いつつ我が身を振り返る。アイタタ…

それはそうと、この歌が流行した1970年前後は「ご当地ソング」が多いこと!
ざっと見ただけで御堂筋、長崎、神戸、知床、横浜、熱海、池袋、新宿…そして東京(by いしだあゆみ)。

長寿番組の主題曲「遠くへ行きたい」ができたのもこの頃と知り、妙に納得。
posted by マドレーヌ at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>京都
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7967662
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。