2005年10月09日

ペリカン 浅草

pelican_fukuro.jpgテレビなどで何度か紹介されていて、一度食べたいと思ってたパン屋。夕方以降この界隈を歩くことが多く、営業中のペリカンを見る機会がないまま今日に至ってました。

この日はちょうどお昼時。
客は食堂や弁当屋、コンビニに流れるだろうと高をくくっていたら、ひっきりになしに入って来る。中は小さいカウンターが一つあるだけで、種類は食パンとロールパンのみだったような。パンを陳列する棚が見えて、在庫状況は一目瞭然。
奥では焼き上がったパンをせっせと詰めてます。ブーランジェリーというよりは、卸のパン屋といった趣(実際卸してると思う)。

pelican_rolebig.jpgホットドッグを作ろうと思っていたので、ロールパン(大・5個入り)310円を購入。
紙袋が昭和を思わせて懐かしいっす。

家で早速食べてみた。まずは焼かずに…。

手で半分にちぎろうとしたら、引き裂かれるのを拒否しやがる。
やっとの思いでちぎってほおばるとモチモチとコシがあって、咀嚼されるのも抵抗しやがる。「中身入ってないんじゃないの?」と思うくらいフワフワの食べ物が多い中、食べる者と食べられるモノのせめぎ合いを口いっぱいに繰り広げることのできるパンは珍しい。

焼いて食べると外はパリッと、中は相変わらずモチモチ。ひと噛み30回くらいするから、1個でも腹持ちするワ。
posted by マドレーヌ at 03:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物>あれこれ食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7899084
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。