マドレーヌが歩けば…棒に当たりまくり散歩>北海道 > 人には添うてみよ(1) 大沼

2005年09月26日

人には添うてみよ(1) 大沼

railwayhokkaido.jpg牧場の帰り。脇道から幹線道路に出た。

「どうやって帰ろうか?」

…え?帰りの足も考えてたんでしょ?

「そういうことはその時になったら考えるから」

( ゚д゚)ポカーン
それなら乗馬終了の時間に合わせてタクシーを呼んだのに。

バス停の時刻表を見ても、日曜祝日は運休。「タクシーを拾えば」なんて言っても、東京みたいにはいかないと思うけど。広い大地を流すタクシーだなんて。

そうこうするうちに、函館行きのバスが止まった。

次に出会える保証がない旅において、来たら乗る、見たら買う、が私の法則。今は夏だからいいけど、これが冬だとシャレにならん。

まずは飛び乗る。

乗り込むや否や運転手に行き先を聞いたら、大沼公園駅には行かないけど、近くは通るという。「タクシーを呼べば」と二の足を踏む相方を尻目に、そそくさとバスを降りた。

さようなら函館、と思ったら再びドアが開いた。

「ここで待っててもバスは来ないさ。列車の時間はわからないけど手前の駅の近くなら通るから、そこで降りて歩いたら?」とわざわざ教えてくれた。

バスに乗り「これで函館まで行ける!」と言うと、大沼公園界隈でジンギスカンを食べたい相方が複雑な表情を浮かべた。函館に行けば何でもあると思うのだが、大沼で食べることにこだわりがあるようで。

この時、大沼公園のもう一つの顔を見ることになろうとは思ってもみなかった…。

つづく
posted by マドレーヌ at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>北海道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7301708
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。