2005年08月23日

グダンスク駅から宿へ

1泊するつもりだったグダンスクに2泊することになった。

街のどこにあるかもわからないまま、やっとの思いで電話をかけた宿へ向かう。
たどたどしくも暖かい、電話の向こうのおばちゃんの声。観光ガイド「in your pocket」のサイトから書き写した電話番号が全くデタラメ、どこへ行こうか途方に暮れたカリーニングラードの街で、この1本の電話がどんなに救われたことか。

1ズローチも持ってないので、駅前のホリデーインへ向かう。

フロントで両替をお願いすると快く応じてくれた。
明るくて感じの良い対応に触れると、やっぱりロシアは「別」だと思う。個人個人は素朴で人がいいんだけど、サービス業になるとねえ。

細かいお金を作るのと、知らない街へ飛び込む勇気を奮い立たせるべくビールを引っかける。
黒糖風なコクのあるリトアニアビールと違って、ここのはサッパリしている。

さてと。
ホテルのそばでタクシーに乗る。このタクシーもロシアなどと同様、料金を事前にネゴしておく必要がありそう。20ズローチと言われた。800円くらいか。高いけど、距離も地理もわからないから文句は言えないや。

10分足らずで到着。やっぱり高かったな。

入口でマスターとマダムが待っていた。
私の部屋はここから200mくらい離れた所だそうで、マスターが車で送ってくれた。
その間、私の脳内は「ウルルン滞在記」状態。「ポーランドで〜、であったぁ〜」と下條アトムのナレーションがグルグル回ってヤバイ。

別館の宿は新築らしく、メチャメチャきれい。ベージュを基調としていてシンプル。やけにシンプルだよなあと思ったら、調度品がまだ揃っていないみたい。

明日からのポーランド、どんな所だろう。
posted by マドレーヌ at 00:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外散歩>ポーランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6213612
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。