2005年07月25日

さらばわがサバラン

母ちゃんが近所のケーキ屋でサバランを買ってきた。自宅界隈ではここのが一番おいしいと私は思っていた。

だがしかーし!

いつもより小さくなってる…。いや、んなことはない。
気のせいだと心の中で言い聞かせながら、ひと口。

パンが変わった!?
ケチったのかお酒が染みてなかったり、作ってから時間が経ちすぎて上の部分が乾き気味になっていることはこの店に限らずあるけれど、お酒が染みているのにポソポソする。
全粒粉のパンみたいな。
個人的にはしっとり白い粉系のパンがいいなあ。

私がサバランに求めるのは、
 (1)パン(ブリオッシュ)を使っている
 (2)お酒が十分に染みている
 (3)アンズジャムで照りをつけている
あとは生クリームがおいしければよし。

近所の別の洋菓子屋(←ケーキ屋というよりはこういう雰囲気)は(1)(3)の条件を満たしてるのに、お酒があんまり染みてないのが惜しい。生クリームも濃くておいしいし(きっと動物性!)、くり抜いたパンも生クリームの上に乗ってるのに。
パティシエなんて横文字に負けず、ご近所ケーキ屋・洋菓子屋にもがんばってほしいものよ。

シャケみたいに、必ず小さい頃の味に帰ってくるんだから。

あーあ、理想のサバランはどこへやら。
posted by マドレーヌ at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物>あれこれ食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5336601
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。