マドレーヌが歩けば…棒に当たりまくり散歩>神奈川 > 風鈴市とプチ遍路 川崎大師

2005年07月21日

風鈴市とプチ遍路 川崎大師

furinichi.jpg昨日のテレビ朝日「あしたまにあ〜な」で川崎大師の風鈴市を紹介していたのを見て、わざわざ遠征してきました。

川崎駅から歩いてすぐと思いこんでいた私。JRの改札を出てからも延々と広がる地下街を前にして、ここからさらにバスか電車で行くことに気づいたとです。

京急川崎駅から小島新田行きのローカル線に揺られること数分。「味の素」などの工業地帯をすり抜けて、大師駅に到着。出口専用改札がお寺チックな造りになっていて、早くも門前町の雰囲気が薫ってます。

昭和へ逆行するようなアーケードが続いて「いらっしゃいまし〜!」の声もする。うひょ〜森光子ワールド!
寺に近づくにつれ、ダルマと飴だらけに。とはいえ、タンタカタンタカ…と包丁でリズムを刻みながら棒状の飴を切る店がこれだけ多いと、珍しさが半減するような…。韓国でおなじみのパフォーマンス「NANTA」の元ネタは、これでしょ。

今や政治家の消耗品と化しているダルマは大師の定番アイテムなのかしらん?西新井大師もダルマだらけなのよねえ。ダルマは達磨大師って言うらしいから、大師つながり?うーん、ナゾ。

境内は全国から集まった風鈴が甲高く響き、高級そうな線香の匂いと混ざり合っている。プロ・アマなど各種カメラマンが風鈴相手に格闘している横を、ちんどん屋が練り歩く不思議な世界。

八角堂の脇で、大師像のわらじに水をかけている一角が。水をかけた後、今度は大師像をとり囲む柱一つひとつに手を添えて拝んでます。よく見ると、それぞれの柱に四国八十八カ所札所とご本尊が書いてあるようで。そこで私も見よう見まねでプチ巡礼してきました。
思わぬところでお遍路体験ができたっす。
posted by マドレーヌ at 01:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>神奈川
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5238722
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。