2005年07月10日

ほおずき市

hoozukiichi.jpg浅草のほおずき市へ。

境内はほおずきの店がびっしり並んでいて、「江戸っ子でぃ!」と怒られそうなくらい、チャキチャキでキレのよい声があちこちで客を呼び止めてます。

今日と明日の縁日にお参りすれば4万6000日参拝したのと同じ御利益をいただけるというだけあって、雨にも負けず参拝客で大にぎわい。本殿手前の煙も心なしか、いつもよりもモクモクしてる気がしマス。

本堂も参拝客でごったがえしていて、賽銭箱に近づくだけでひと苦労。この時期限定「雷除け」のお札もありました。

でもなあ。1年365日だとして、100年で3万6500日、今日か明日か1日参拝しただけで126年分の御利益があるっていうのもどうなんだろう…。クイズ番組で地道に点数を稼いだのに、最後の問題で一発逆転、あっさり優勝をさらわれるような複雑なキモチだよ。

126年以上生きたい人は、予備としてもう一回くらいお参りしないとね!
posted by マドレーヌ at 04:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 散歩>東京
この記事へのコメント
こんにちは

ほおずき市。雨が降っても人出は
凄いですね〜

4万6千日分の根拠はよくわかりませんが
確かに一発逆転ですよね・・・(^-^;
Posted by Dr.Head at 2005年07月10日 11:36
Dr.Headさん、こんにちはー

ちなみに弥勒菩薩は釈迦が亡くなってから56億7000万年後にこの世に現れるらしいんですよ…でもそんなに悠長に待ってられないですからねえ。

観光客誘致として当時の誰かが「4万6000日」ってキャッチコピーを考えたんだとしたら、今のご時世でもコピーライターとして十分活躍できる!…と江戸の文化に思いをはせてみることにします。
Posted by マドレーヌ at 2005年07月11日 02:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4959945
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。