2005年06月29日

瓦そば

kawarasoba.jpg
母ちゃんが張り切ってフライパンを温めている。

外袋にはデカデカと「瓦そば」。そんなに堂々と書かれたところで、聞いたことないんですけど。

おもむろに茶そばを炒め始めた母ちゃん。またアヤシイ料理を開発したのか…と思いきや、説明書きにも「炒める」と書いてある。うーむ。

そして数分後。焼きそばと冷し中華を2で割ったようなものができあがった。
錦糸卵、牛肉、炒めたキャベツ(多分母ちゃんオリジナル)が、炒めた麺にトッピングしてある。

では味見を…ズズーッ!モグモグ。

思ったよりもつゆが甘い。ウナギや焼き鳥のタレみたいな甘さ。ま、牛肉が入ってるからこのくらい甘い方が合うのかもねえ。麺が香ばしくなっているから焼きそばよりもくどくなく、サッパリと食べられた。

後で知ったけど、瓦そばは下関界隈の名物のようで。下関といえばフグ(ご当地ではフク)ってイメージだから、隠れた名物なのかも。
posted by マドレーヌ at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物>あれこれ食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4702947
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。