2006年12月24日

自家製キムチに挑戦

見よう見まねでキムチづくりにチャレンジ。
母ちゃんが数日前に塩漬けにしていた白菜を使って、とりあえず2分の1株を二つ作ることにした。

以前韓国人のオモニが作っているところを見たことはあったので、記憶を頼りにやってみた。でもオモニは目分量で入れていたので、何をどのくらい入れていいやらわからん。

越知町観光協会のサイトに載っていた材料はオモニが使っていた材料とほぼ同じだったので、これを元に試してみた。

白菜はできあがっていたので、中に詰める具(ヤンニョム)づくりに取りかかる。
事前に韓国食材店でアミの塩辛(100グラム100円くらい)と粗挽き唐辛子を購入。イワシエキスを買うのを忘れたので、ナンプラーで代用した。イカは生を使用。

オモニはニンニクと生姜をすりこぎで叩くように潰していたので、同じようにやってみた。ニンニクが飛び跳ねて危険〜!でもストレス解消にイイネ。

完成したヤンニョムを白菜に擦り込むように詰めていく。ヤンニョムだけでも美味!詰めずにそのまま食べるためのヤンニョムを速攻作ってしまった。

市販品は茎の部分もしっかり赤く染まっているけど、具の切り方が大きかったのかなかなか根元まで入らない。どうにか葉の間にヤンニョムを詰めていったものの、具が少なかったのかあんまり赤くない…。

尻の健康を考えたら、日本人にはこのくらいマイルドでいいか。

壷も本格的に用意しようと思ったけど、このキムチが成功したら考えよう。
というわけで、今回は使わずに眠っていた炊飯ジャーで代用。漬け込んだキムチにラップを密着させて、フタを閉じる。あとはベランダで放置プレイ。


そして3日後。
キムチというよりはピリ辛白菜の古漬けって感じ。根元が白すぎる。やっぱりヤンニョムが少なかったなあ。
半分のキムチには食べるために作っておいたヤンニョムを混ぜ込み、再び放置。

homemadekimchi.jpg約2週間経ったものがコレです。
継ぎ足したヤンニョムのおかげでかなり赤くなりました。酸味もいい具合に出てきて、生姜、ニラといった食材それぞれの味がなくなった。今がちょうど食べ頃。

やっぱり材料に書いてある通り、粉唐辛子と粗挽き唐辛子をブレンドした方が色がつきやすいかも。
posted by マドレーヌ at 17:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物>あれこれ食べ物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/30816465
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。