2006年12月22日

ルーマニア 中野坂上

坂上から新宿方面へ歩くたびに、信濃町界隈を思わせる旗は何だろう…と思っていたら、ルーマニア料理屋だった。

今月は銀座のヴァンパイアカフェに行ったり、知人からルーマニア旅行の報告をもらったりと、ちょっとしたルーマニア月間。味の世界制覇をめざす!?者として、今年はちょっと早いけどルーマニアで締めくくるとするか。

お昼時とあって満席で、カウンターに通された。ランチはA、B、Cの三コースで、どれも1000円。私はCセットを注文した。

サラダはディルとレモンでさっぱり仕上げたキャベツサラダ。個人的に東欧スラブ系な味付けは懐かしくて大好きなのよねえ。自分で作るとなると生のディルだけで超高級サラダになっちゃうから、食べに行った方がラクだし。

スープはマカロニとニンジン入りのコンソメ。油っけも適度でシンプル。

メインはハンバーグみたいなものにマッシュポテト添え。ハンバーグもどきはニンニクが入っていて美味。店のマスターは「餃子の具」風と説明していたけど、空気を抜いて固めて焼くと確かにこうなりそう。

厨房からシェフ自ら運んできたり、ルーマニア姉さんが気さくに話し掛けてきたりと愛想がいい。レストランというよりは現地の食堂みたいな気さくさ。

カウンター脇のルーマニア語の本を見て覚えた単語を使ってみた。
グストス、ムルツメスク!(おいしい、ありがとう)

うーん、通じたみたい。

でもルーマニアだけに、来店した10人に一人くらいは心の中で「コマネチ!」とかやってそう…って私だけか。
posted by マドレーヌ at 20:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物>食べ歩き
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/30072435
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。