マドレーヌが歩けば…棒に当たりまくり散歩>岩手 > 賢治からのご招待 新花巻

2006年08月27日

賢治からのご招待 新花巻

iwate_shinhanamaki.jpg初めてイーハトーボをうろついてきました。

今回は釜石の友人宅へ滞在することになり、一路岩手へまっしぐら。
はりきりすぎて朝5時前に家を出たので、9時には乗換駅の新花巻に到着してしまいました。時間が余ったので観光案内所で100円バスが発着する時間を調べてもらい、近くの賢治記念館へ行ってみました。

賢治記念館前のバス停で降りた後、ひたすら急勾配を上る。暑いし急坂だし、この距離だけでもヒッチハイクしたくなるきつさ。でもカラスがドングリを路上に置き、車が潰した後ついばむ様子を目の当たりにしたら、疲れは吹き飛んだよ。頭いいなあ。

iwate_coffee.jpg頂上に着くと、物語から飛び出したような「山猫軒」が。身ぐるみ剥がされてバターとか塗られたらイヤなので、今回はパス。
記念館には宮沢賢治を知るためのさまざまが展示されていて、読む時に深みが出そう。アイスコーヒーを注文したら星の形のグラスで出てきたり、館外にも「下ノ畑ニ居リマス 賢治」の看板もあったりで、賢治好きにはたまらんでしょうね。

「下ノ畑」がある花壇はスロープが急で、ヒザが笑いそう。これコケたら転げ落ちるわ。

iwate_jinja.jpg下まで降りる気が失せたので再び記念館方面へ戻り、神社へ行った。
参道には車が停まっているのに、境内はガラガラ。市街を見下ろす眺めもよく、汗も引く静けさも心地いい。

そうそう。ちょうどこの日(8月26日)は賢治の生誕110年前夜。

記念館バス停そばの童話村では、地元の子供達がなにやら踊っている。まさか街興しのプロデュースまで関わることになるとは、生前の賢治は思ってもみなかっただろうな。
posted by マドレーヌ at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>岩手
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。