2006年07月10日

下町七夕祭り 合羽橋

tanabata1.jpg浅草寺からの帰り道、演芸ホールの誘惑に打ち勝って国際通りに出たら、七夕飾りの誘いが。

うーむ、いつもとは違う華やかさ。延々と続く七夕飾りも気になるなあ。

tanabata2.jpgというわけで、吸い込まれるように歩いてみました。
片づけに入っている店もあったけど、フリマと露店と大道芸が渾然一体となって、下町ムードがムンムン。手書き手作り、いつもよりカッパも増量していて、カッパステーキなんてものにも行列ができてました。

tanabata3.jpgおいしい匂いとビール片手の人々が行き交う中、お寺の入口でマジックをしていたり、人間ジュークボックスなるものもあったり。もっと早く来ればよかった…。
祭りだけじゃなくて日常的に芸と触れ合う街になればいいのに。群衆に揉まれて支えられて、芸は育つのよ!お役人さん。

tanabata4.jpg特に目を引いたのは操り人形。
私が通りかかった時は獅子舞をやっていて、雨が降り始めたのも忘れて釘付け。勇壮さと豪快さで獅子が飛び回ったかと思えば、獅子の中に入っている人間たちの息づかいが聞こえてきそうな足さばきが見え隠れして、糸が彩なす世界に酔いしれてしまいました。

あー、久しぶりにニューマリオネットが見たいなあ。
posted by マドレーヌ at 01:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>東京
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20543621
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。