マドレーヌが歩けば…棒に当たりまくり海外散歩>ポーランド > 造船所と路地裏と グダンスク 2005/8/23

2005年12月24日

造船所と路地裏と グダンスク 2005/8/23

gdansk_oldtown社会主義だったポーランドがEUに加盟するなんて、子供の頃は思ってもみなかった。折しも今年は「連帯」25周年。

その舞台となった街がグダンスク。
路地裏をうろうろ歩いても、ショッピングモールを冷やかしても、世界中を巻き込む運動がこの街から起こったなんて信じられない。

gdansk_stoczniaまずは「連帯」の中心、造船所へ。ワレサが働いていたんだよねえ、当時。
入口脇は広場になっていて、碑が立っている。市民や労働者が集結した当時の写真や祈りを捧げるヨハネパウロ二世の写真も。
それにしても群衆の密集ぶりには驚かされます。今日本で何か起きた時、こんな風に集まるのかどうか、逆に不安だな。

旧市街へ向かう。

gdansk_canal運河沿いの街並みは落ち着いた雰囲気。日本では入場料を払う施設内でしかお目にかかれない光景が広がっていて、しかもそれが日常!行ったことないけど、オランダってこんな感じなのかなあと想像してしまう。みやげ屋やギャラリーが並ぶ路地裏も冷やかし甲斐満点だし。
惜しむらくは、時間が足りない!冷やかして、カフェで休んで…てな感じでマッタリ歩きたかったよ。

また行ってみたい!と思える街が増えてしまった。
posted by マドレーヌ at 00:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外散歩>ポーランド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/10980368
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。