2007年02月12日

シニアだョ!梅見に集合(3) おまけ

umeyashiki1.jpgせっかく大田区くんだりまで来たので、ついでに梅屋敷まで足を延ばした。

池上から東急線で蒲田へ。
駅前の雰囲気は北千住と似た匂いがあるけど、寿司屋が異様に多い所に海の近さを感じます。そしてどちらも鈴が森と小塚原、刑場が近くにあるんだよねえ…ブルブル。

umeyashiki2.jpg駅から路地をグネグネ通って、どうにか梅屋敷に到着。
傾斜地で日当たり良好な池上梅園に比べると、名実ともに日影感が否めない。夕方だったせいもあるけど、園内はホームレスさんくらいで、人の姿もまばら。

こちらの見頃はもう少し先かも。

梅屋敷散策の参考に↓
梅屋敷探検隊 http://lets-bb.com/umeyashiki/index.shtml
posted by マドレーヌ at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>東京

シニアだョ!梅見に集合(2) 池上

ikegamihonmonji1.jpg本行寺の脇から階段を上ると、本門寺の裏手に出た。

アイスクリーム、手焼きせんべい、水だけでピカピカになる墓石クロスなど、テレショップのようなラインナップに心を奪われながら大堂へ(改めて地図を見ると本殿は別の場所だった)。

ikegamihonmonji2.jpgその後、五重塔を目指す。
関東で一番古い塔だそうで、広がる青空と赤い塔のコントラストは絶妙。
周囲をうろうろするも、熟年カップルと犬の散歩だらけ。神社だと後始末の悪さから犬をうろつかせるのを嫌がる所があるらしいけど、お寺は柵にマーキングをされても大らかなようで!?
posted by マドレーヌ at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>東京

シニアだョ!梅見に集合(1) 池上

ikegamibaien1.jpg梅を見に、はるばる池上梅園へ。
西馬込駅から人の後に続いて歩いたら、あっけなく到着した。

65才以上は無料。そうでない人は受付で100円を払うのだが、65才以上のゲートを通る人の方が断然多く、老若男女というよりは老老男女状態。寄席並みに平均年齢が高そう…。

ikegamibaien2.jpg傾斜地に植えられた紅白の梅は花盛りで、眼中から人だかりを外せば、そこは幽玄の世界。梅ガムのような香りがほのかに漂い、小梅キャンディーのような赤い花が開き…って本末転倒だよっ!

強いて言えば、高台への階段が1か所しかないのが難点。もう一つ階段があれば回遊できるのに。

ikegamihongyouji.jpg再び人の流れに任せて、隣りの本行寺へ。
何かが行われた後だったのか、巨大な水槽に手桶が立てかけてあり、周囲が水浸しになっていた。
恐らく下記のような行事が執り行われていたのかも。よそのお寺ですが参考までに。

◆正覚寺 大黒祭・星祭り(静岡県)↓
http://ya2.blog43.fc2.com/blog-entry-48.html

◆久城寺 節分・星祭り祈祷会(秋田県)↓
http://www.kujhoji.or.jp/noframe/sub7_1.htm
posted by マドレーヌ at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 散歩>東京

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。