2006年12月01日

「仏像」展@東京国立博物館

先週の平日に勇んで出かけたら入場制限をしていたので、本日仕切り直し。制限こそしていなかったけど、夜間にしてはけっこう賑わっていた。

今回の特別展はどれも一本の木から彫った仏像ばかりだそうで。外科医のような技術と集中力がないと完成までたどり着けないだろうな。私みたいに「失敗してもやり直せるよアハアハ」みたいな心構えじゃムリ。

最初の方に展示してある仏像は白檀が使われていて、ガラス張りなのが惜しい。オール白檀の匂いを嗅いでみたいものよ。

その代わり(!?)第二室の展示は大きな仏像がそのまま展示されていて、ほんのりと木の香りがしたような。コッペパンの端のように丸っこい四天王の履き物と、小さい頃「ミュージックフェア」の背景で見たヒダヒダカーテンを思わせる菩薩像のドレープにしばし見とれる。どこ見てるのよーっ!

黒山の人だかりをかき分けると、腰をくねらせた十一面観音がいらっしゃいました。
展示されている仏像の中でも体のバランスが人間っぽく、表情が穏やか。私が目を離すと踊り出しそう…と思うと目が離せない、妖しい魅力。でも見上げるとまぶしいのよ。照明が。

階段を挟んで反対側の展示室には、ノミで彫った仏像が並ぶ。どれもノミの跡が鎌倉彫っぽくていい味醸してます。
その中でひときわ印象的だったのが、顔が縦半分に割れ、割れ目から目頭と鼻と唇を覗かせている仏像。最初は3Dか、いやいや、私の目の調子が悪いのかと思っちまったわい。

最後の展示室は、江戸時代に全国を修行しながら仏像を彫った円空と木喰の作品。

円空の仏像は、アイヌの木彫りテイストと棟方志功の勢いをトーテムポールに混ぜ込んだような雰囲気。切り出した木のバリバリ感をそのまま炎に見立てた不動明王は、まるで木から火が出たような躍動感がある。

かたや木喰(もくじき)という人の作品は、どこかユーモラス。丸みを帯びたデザインと、ほのぼのとした表情は癒されるワ。空腹だったせいか、色と形が人形焼みたいでおいしそう。
posted by マドレーヌ at 19:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンタテインメント

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。